歯のクリーニングの解説

ホーム>歯のクリーニング

歯のクリーニング

歯のクリーニング

画像の説明

歯に沈着した色素や歯石は毎日の歯磨きではなかなか取ることができません。これらは口臭や虫歯・歯周病の原因になり、また歯の美観を損ねることにもなります。
クリーニング(歯の清掃)をすることにより、予防はもちろん、本来の自然な歯の色を取り戻すことができます。クリーニングによって得られるメリットはたくさんあります。3~6ヶ月に一度は歯をクリーニングする習慣を持つとよいでしょう。

クリーニングのメリット

  • 定期的にクリーニングをすることで、歯の寿命を大幅にのばす。
  • クリーニングで口の中がすっきりとして気分もリフレッシュ。
  • 自分では取りきれない色素や歯石などの汚れが取れる。
  • 色素や歯石除去は、口臭や虫歯、歯周病などのトラブル防止になる。
  • 歯の美しさを保てる。歯の美しさをが取り戻せる。
  • クリーニングで口の中の健康状態を維持できる。

クリーニングの料金

種類価格
初診カウンセリング(簡単な検査含む)5,250円→ 今なら20周年価格 無料!
リフレッシュコース(色素除去20~30分)5,250円→ 今なら20周年価格 3,150円
コスメティックコース(色素除去30~50分)12,600円→ 今なら20周年価格 9,450円
エステティックコース(色素・歯垢除去60~90分)26,250円→ 今なら20周年価格 15,750円

画像の説明

クリーニングの流れ

画像の説明

審美歯科 クリーニングQ&A 山本院長がお悩みにお答えします

  • クリーニングについて


  • 下の前歯に黒い汚れが…


  • 電動歯ブラシについて


  • 歯石除去を断りたい


  • 糸ようじについて
  • 糸ようじは歯を磨いた後にするのでしょうか?それとも最初にするのでしょうか?
    • 糸ようじ(デンタルフロス)は歯と歯の間や歯肉ポケットを清掃する目的で行います。歯ブラシが先かフロスが先かはどちらでも構わないと思うのですが、統計的にはブラッシングの後に行う方が多いようです。 デンタルフロスは使用法をまちがえると歯ぐきから出血したり、赤く腫れたりしますので、正しく使うよう心掛けてください。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional